読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

サッカー少年の家庭学習と本の記録

小学生の手帳術|「書くのがめんどくさい」小5男子にガントチャートを作成

GWといえば、お出かけしたり、旅行したりっていうのが定番の過ごし方なんだろうな〜。でもうちは毎年サッカーの試合で終わってしまいます…。今年も部活と試合で終わってしまいそう。

つまらないような気もするけど、わたしとしてはこの時期にまとまったおやすみがあることで助かることがあって。それは何かっていうと、新学期のバタバタの中とりあえず走り出した日常を、ちょっと振り返って、見直して、立て直すのにちょうどいいってこと。

いろいろと下調べをして準備をしていても、実際に生活がはじまってみると「思っていたのとはちがう!」ってことが結構多い。どんな習慣でも、うまくいっていないところ、違和感があるところを早めに見直して軌道修正するのが、細く長く続けていくうえでとても大事です。

そして今まさにうまくいっていないのが…次男が手帳をうまく使えていない!ってことなんですよね〜。

そのせいでいろんな問題が起きていて。たとえば…

  • 学習計画が立てられない
  • 生活のリズムが崩れている
  • 何をするにも時間がかかる
  • 小言が増える=イライラする
このままじゃ悪循環!!
GWはとりあえず手帳の使い方から見直すぞ〜!

小学生に手帳って必要なの?

そもそも小学生に手帳って必要なのか?って話なんですが、結論からいうと「別に必要じゃない」と思います。

じゃあなんで手帳を使っているのかということについては、この記事を読んでいただければと。

手帳を始めた主な理由は2つ。

  • 自分で学習計画が立てられるようになってほしい
  • ずっと続けてきたおこづかい制をよりよいものにしたい

次男が手帳を書かなくなってしまった理由

ときどき書き忘れることはあったけれど、今までゆるゆる続けてきた手帳。ところが、4年の終わり頃から次男が手帳を書かなくなっていて。だからおこづかいもストップしてたんですよね〜。気にはなっていたけど、わたし自身もかなり忙しい時期だったのでそのまま放置してしまって。それが5年になっても続いていたので理由を聞いてみたんです。

手帳さぁ、なんでちゃんと書かないの?
…なんかめんどくさいんだよね〜
どういうところがめんどくさいの?
書くのが…

書くのがめんどくさい!!!

気持ちはわかるけどさぁ(笑)

とはいえ、本人も書かないとおこづかいがもらえないからどうにかしたいと思っているようなので、それだったらどうにかめんどくさくなる方法を考えようってことになりました。

次男用ガントチャートを作成してみた

今まで使っていたのはオーソドックスなマンスリー&ウィークリー手帳。このウィークリー部分に学習する項目などを書き込むのがめんどくさいというわけですよ。

そんな次男に合う手帳はないかな〜と色々探してみたんだけれど、「これ!」っていうのがなかなかなくて。

中1の長男が使い始めたノルティスコラはオーバースペックだし…

NOLTYスコラ | スコラ手帳 製品ページ | NOLTYプランナーズ

わたしが使っている能率手帳は渋すぎるし(笑)

ぐずぐず探す手間や時間を考えると、もう作っちゃったほうが早いなって思って。サクッとExcelで作ってみました。

じゃーん!

f:id:gambaruko:20170428214813p:plain

ガントチャートです!

作成にあたっては、普通のガントチャートを参考にしつつ、今月の目標やふりかえり、ポイントなどを書き込めるようにしました。そのほかにも、さりげなく月の呼び方を3パターン表記しているところとか、線をひきやすいように補助線をいれてるところが工夫したところかな。

使い勝手をみながら増やしたり減らしたりカスタマイズしていくつもりです。

カスタマイズ自由なのがオリジナルのいいところ!

ガントチャートの使い方

本来の工程管理としての使い方っていうよりは、ガントチャートの様式を利用してタスク管理をするっていう感じ?

1. 今月の目標を決める

前月のふりかえりをもとに、今月の目標を決める。

2. 項目を記入

学習や毎日のトレーニング、わりあてられている仕事などを記入する。

3. 1週間分の計画を立てる

1で記入した項目について、実行する予定の日に印をつける。○でもレ点でもなんでもいい。

4. 寝る前に1日をふりかえる

その日できたことについて、蛍光ペンなどで塗りつぶす。×印で消すのでもなんでもいい。

5. 月末にポイントを集計し、ふりかえりをする

各項目のポイントを集計して合計を出してポイントを清算する。最後に「うまくいったこと」と「うまくいかなかったこと」をふりかえる。

これなら、あらかじめ項目を設定しちゃえば「月曜はサッカーだけど5時間だからこれとこれとこれはできるな」という感じで、学習する項目にチェックをいれていくだけでいい。

今までは1日1日、学習する項目を(簡略化した記号ではあっても)書き入れなきゃいけなかったので、それを考えるとだいぶ楽になるんじゃないかな〜。

実際にやってみました

早速、次男に5月第1週の計画を立ててもらいました。

どう?これでもめんどくさい?
いや、これならいけそう。○つけるだけでいいっていうのが気楽!

よかったよかった!とりあえず滑り出しは上々ってことで。

f:id:gambaruko:20170429093442j:plain

f:id:gambaruko:20170429093502j:plain

折りたたんで使える仕様になってまーす♪

【学用品】中学校でも使う学用品はシンプルなデザインを選ぶ

この春、次男は5年生になりました。

5年生になるとすぐに裁縫セットの販売案内がきます。でもなかなか持って帰ってこないので「あれ?」と思って聞いてみたら、「裁縫セットはお兄ちゃんのがあるからいらないと思って『いらない』って言った」と。なるほどね!でも残念。裁縫セットは中学でも使うんです。というわけで、次男の裁縫セットは長男と色違いのコレにしました。

そう、もちろんAmazonで(笑)結局学校で買う気はなかったので案内を持ち帰ってくる必要はなかったというわけです。あはは。

学校の案内にのっている学用品のデザインって、にぎやかで派手で、ダサい。学用品の使用年数が短いものであればまだしも、中学まで使うようなものとなると、ちょっと躊躇するようなデザインのものが多いです。なかにはシンプルなものもあります。でも、選択肢が圧倒的に少ない。そういう理由から、我が家は長く使用するような学用品については個人で購入するようにしています。

中学でも使う学用品というと、裁縫セットの他には習字道具や彫刻刀、絵の具セットなどがあります。筆や絵筆などは書き味に関わってくるので別途購入しましたが、基本的には高すぎずシンプルなセットの中から子供に選ばせるようにしました。

実際に購入した学用品

習字道具

小学校まで距離があったので、選ぶ条件として「軽い」というのもポイントでした。

そのほかの候補

彫刻刀

ものすごくシンプルだけど、義春の彫刻刀はすごく評判がよいです。彫りやすいみたい。

昔はこんな感じだった

絵の具セット

もう随分前に買ったので同じものはないけれど、絵の具セットはまさかのドラゴン柄です(笑)同じようなドラゴン柄でも、学校からもってくる案内にのっているのはもっと派手でギラギラしたものが多いんですよ!絵の具セットは1年生から使うので、子供が好きだったドラゴン柄にしました。

無地の絵の具セット

自分で好みのイラストを入れられるタイプって斬新でいいですね!

まとめ:中学でも使う学用品はシンプルなデザインが◎

絵の具セットのように小学校で使用する期間が長いもの、頻度が高いものについては、そのときの好みで選ぶのもありかなと思います。それ以外のもので、中学でも使うような学用品についてはシンプルなデザインのものを選ぶのがおすすめです。学校からもらってくる案内にもシンプルなものはありますが、選択肢が少なく、価格も周知されているので安物扱いされる可能性もなきにしもあらず。そういう理由から、わたしは学校からではなくAmazonや楽天で購入することが多かったです。あとはイオンなどの大手スーパーでもシンプルなものを扱っているので、わたしの周りにはそういうものを選んで買う人もいました。

中身さえ補充していけば、セットものの学用品を買いかえる必要はまったくありません。ただ、好みは年齢と共に変わっていくことが多いです。もちろん中学生になっても小学生の頃に選んだかわいらしい学用品を楽しんで使う子もいるし、気にしない子もいますが、あまりにも幼いデザインやキャラクターのものを選んでしまうと、結局中学で買いかえっていうことになるケースもあるとか…。そんな話を聞くと、最初からシンプルなものを選んでおいてよかったなぁとしみじみ思います。

こんな記事もあります

gambaruko.hatenablog.com

gambaruko.hatenablog.com

gambaruko.hatenablog.com