がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

年賀状をレトロ印刷JAMさんで作ったら最高だった!

f:id:gambaruko:20180110105919p:plain

あけましておめでとうございます。
今年もゆっくり更新になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。  

新年1回目の記事と言うことで、今日は年賀状について書いていきたいと思います。

みなさんは年賀状どうしてますか?

写真入りの年賀状をやめた

我が家は付き合いのある親戚もなく、友達も少ないので、送る相手はそんなに多くありません。40通くらいあれば十分かなという程度です。

去年までは子供たちや猫メインの写真入り年賀状だったんですけど、長男が中学生になったのでそろそろ潮時かなぁと思って今年からやめることにしました。

となると問題になるのは「どんな年賀状にするか」です。

基本的に年賀状はわたし宛がほとんどで、夫と子供たちには数通。とはいえ、用途が違うので同じものを送るのはちょっと難しいよねっていうことになり、今年は「わたし用」と「子供たち用」の2パターン作ることにしました。*1

今回お話するのは「わたし用」の年賀状のお話です。

どんな年賀状にしよう?

年賀状を作るにあたって、2017年を振り返ってみると、わたしを象徴するものといったらやっぱりなんといってもスプラトゥーン2のサーモンランしかないだろうと。サーモンランほど情熱をかたむけて夢中になったものは他にないですからね!

f:id:gambaruko:20180110112411j:plain
↑写真写りの悪さ笑

サーモンラン | スプラトゥーン2 | Nintendo Switch | 任天堂

というわけで、サーモンランのイラストを描いて、それを使って年賀状作ることに決めました。

どこで印刷してもらおう?

これまでは写真の年賀状だったので、photobackさん(今はGRAM PRINT)で作ってました。

print.photoback.jp

でも今回はイラストだしどこに頼もうかなぁって悩んでいたら、夫が「以前利用したレトロ印刷JAMさんすごくいいよ」と教えてくれたんですよ。それですぐにサイトをみてみたらめちゃくちゃ素敵でかわいいじゃないですか!即決でレトロ印刷JAMさんにお願いすることにしました。

レトロ印刷JAMさん最高!

本当はお正月にまにあうように作りたかったんですけどまにあわず、結局お正月やすみ中に「寒中見舞い」として作ったのがこれです。

じゃーん!

f:id:gambaruko:20180110110622j:plain

かわいくないですか!絵の下手さは横においておいて、めちゃくちゃかわいくないですか!?

ちなみにこれは「厚紙で印刷」の「レトポ」という定型はがきサイズで、紙の種類は「モダンクラフト」、インクは「」と「」二色刷りです。お値段は50枚で2,719円でした。

角が丸いのは自分でカドマルくんを使ってパンチしたからなんですけど、オプションで角丸加工もできます。(ほかにも角おとしとかミシン目とかいろいろ頼めます)

だいたい外部で印刷を頼むと自分が思ってたのとなんかちょっと違うなーっていう感じで出来上がってくるんですけど、これはもう想像していたとおりっていうか想像以上に可愛い仕上がりで、開封した瞬間ものすごく興奮しました!

原稿の作り方や紙の種類、インクなど詳しいことはお店のサイトでわかりやすく説明されています。興味のある方はぜひチェックしてみてください!

レトロ印刷JAM

今回お願いした寒中見舞いの出来上がりはもちろん大満足なんですけど、スタッフのみなさんの対応が速くて丁寧だったこともそれと同じくらい嬉しいことでした。初めてで心配だなぁという方も安心していろいろ相談されるといいと思います。

まとめ

というわけで今回はわたし用に作った年賀状(寒中見舞い)のお話でした。レトロ印刷JAMさん最高だったので来年も絶対に利用します。

えー、次回は子供たち用に作った年賀状のお話をします。どうぞお楽しみに!

最後に、わたしからみなさんへの新年のご挨拶を載せておきます。

f:id:gambaruko:20180110111321j:plain

それではまた!

子供たち用の年賀状の記事はこちら

gambaruko.hatenablog.com

*1:夫は自分で用意します