がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

数学は毎日1ページ!テスト対策ほぼゼロで9割とれる家庭学習の方法

(最終更新日:2017/7/20)

中学校の勉強でポイントとなるのは英語と数学。この2つが苦手だときつい。なので、まずは数学のサポート目標を「数学が得意!と思わせること」に設定。

数学が得意と思わせるには「授業についていけて」「数学ができる感覚をもてる」ようなサポートが必要です。つまずきがあれば早めに対処して、つまずいても大丈夫という感覚をもたせること。そして、自信につながる一番手っ取り早い方法は目に見える成果が出ることだから、まずは最初のテストで良い点がとれるように全力で取り組む!スタートダッシュ超大事!

今回は、実際に最初のテストで9割とれた数学の家庭学習方法を紹介します。

家庭学習のやり方は「中間・期末テストに強くなる勉強法」をバイブルに

いまのところ我が家ではこの「中間・期末テストに強くなる勉強法」を参考にして教材を選び、学習の計画を立てています。

使用する教材

数学はとにかく問題集を何回も解いて「できる」問題を増やすこと。塾に行かず、家庭学習で力をつけていくためには、問題集を選ぶときに解説が詳しいものを選ぶのが大事。

Amazonレビューをあてにしているとハズレなことも多いので、できれば書店で自分の目で(子供の目で)解説を読んで意味がわかるか調べて買ったほうがいいです。

※記事の最後に商品の紹介を載せておきます

数学問題集

散々悩んで選んだのは、オーソドックスな「中学総合的研究問題集 数学」。難易度別に問題がわかれていることと、紙面のみやすさが決め手でした。辞書がわりに同シリーズの「中学総合的研究 数学」も購入しようかなぁと検討中。

学校で使用しているワーク

学校で使用している教科書準拠のワークは解説がとても詳しくていい。いい問題集が見つからなければ、とりあえずワークを何回もまわす!それでも十分点はとれます。

教材費

教材名 価格
中学総合的研究問題集数学 1,620円
学校ワーク 不明
合計 1,620円

毎日の家庭学習方法

数学は平日5日間、できるだけ毎日取り組む。他の教科の課題があって時間がとれないときでも、必ず1〜2問は取り組むことに決めています。そういう最低ラインを設定しておくのが継続のコツ。

問題集を1〜2ページ

項目 内容
学習ペース 週5日
時間 1回35分
使用する教材 数学問題集or学校ワーク

問題集をやったり、学校ワークをやったり、両方やったり。

キッチンタイマーを15分にセットして、15分で1ページを目安に取り組んでる。時間についてはその子にあわせて設定すればいいと思います。うちの場合は15〜20分くらいで区切るほうが集中できるみたいなので、"15分ー5分休憩ー15分" というサイクルでまわしてます。

あくまで目安なので、気持ちが乗ってる時は「つづけて次の15分いきまーす」と言いながらやってます(笑)愉快な子!

ノートをまとめる

項目 内容
学習ペース 不定期
時間 1回10分程度
使用する教材 ノート、付箋
数学問題集or学校ワーク

テスト前後であわてないように授業があった日はさらっと見返して、ポイントやコメントの記入をしておく。このとき直接書き込むより、付箋にコメントを書いて貼っていくことをすすめてます。書き直しもできるし、書き足しもできるので便利!

愛用してるのはセリアで売っている吹き出しふせん。コメントしてるふうに見えるところを長男はものすごく気に入っていて、少なくなると銘柄指定で買い物リストに記入されます(笑)*1

f:id:gambaruko:20170629181621j:plain

あとは、家庭学習で取り組んだ問題で間違えたところを解き直して、解法やポイントなどをまとめておく。これ、ものすごく大事!テスト直前、最後に見直すのはそこだし、平常点にもつながります。

ちなみにまとめ方はこんな感じ。(社会のノートですみません!)

f:id:gambaruko:20170629181650j:plain

ノートをまとめるのはとても地味だけど、長男はえーちゃんに憧れているのでとても真面目に取り組んでいます。*2

テスト前の学習方法

テストのための勉強はほとんどしません。テスト前の土日に解き直し、ノートの見直しをして、あとは前日にもう一度解き直すくらい。

問題集・ワークの解き直し

間違えたところを中心に。

ノートの見直し

便宜上「見直し」と書いていますが、我が家ではブツブツ音読しながら読み直すことを「見直し」と呼んでいます。

まとめ

  • 普段の平日は毎日1〜2ページ問題集に取り組む
  • ノートはこまめにまとめる
  • テスト前は解き直しとノート見直しをさらっと

この方法で取り組んだ結果、最初のテストでは9割以上とれました。長男は「数学おもしろい!」といって次の単元に入ってからも楽しそうに問題を解いているので、とりあえず「数学が得意!と思わせること」という当初の目標は達成できたかな。

次回は「社会」についてまとめる予定です♪

教材リスト

*1:我が家では買っておいてほしいものは口頭ではなくワンダーリストに注文が入ります。なぜかというと、わたしがすぐ忘れるからです!

*2:ベイビーステップの主人公