がんばる小学生

サッカー少年の家庭学習と本の記録

サッカーノートが書けないときは対話の中で自分のプレーを振り返る

子供たちはアオアシ大好き。

小5の次男はスクール選抜とチームの練習をあわせて週に6日サッカーをしてる。そのうち平日は4日。帰りはだいたい19時半〜20時くらい。そこからご飯食べたり、お風呂入ったり、宿題をしたりしていると、あっという間に22時近くなる。

もう少しスケジュールがゆるかった低学年の頃はサッカーの練習がある日は必ずサッカーノートにふりかえりを書いていたんだけど、正直今はその時間がとれない。

でも。だからといってやりっぱなしはどうかと思うわけです。学校の勉強と違って、サッカーは別に絶対やらなくちゃいけないわけじゃない。自分がやりたくてやらせてもらってるんだし、たくさんの時間と労力をかけて(アップダウン相当きついけど自転車で通ってる)やっていることだから、そのぶん成長につなげていくもんでしょって思ってる。

睡眠時間は確保したい。でもやりっぱなしには賛成できない。さてどうしたもんかなぁって色々考えて思いついたのがインタビューでした。

書く時間はないけど話す時間ならある

ノートに書いてふりかえりをすることの最大のメリットは、成長の過程やそのとき自分が何を考えていたかが見返したい時に見返せること。でも、書く時間はとれそうもない。

書く時間はとれないけど、話す時間なら?

それならある。食事のとき、自転車で帰る帰り道、マッサージをするとき。書き残すことはできなくても、その日のうちにふりかえることができるなら、それもありかなと思いました。

インタビューの方法

いろんなやり方があると思うけれど、うちの場合はこんな風にやってます。

インタビューする手順

今日はどうだった?

と聞く。

インタビューに答える手順

  • 今日よかったところ
  • 今日あんまりだったところ
  • 次につなげたいこと・目標

この3点について順々に答える。

解説

インタビューする側の「どうだった?」って質問、すごく雑ですよね(笑)

でもね、これはわざとそうしてるんです。なぜかというと、コーチや先生はわりとこんな風にラフに質問してくることが多いから。具体的に答えやすいように質問してくれる人って実はなかなかいないんですよ。

で、「どうだった?」って聞かれたら、たいていの子は一言でしか返さないんです。

  • よかった
  • 楽しかった
  • まあまあだった
  • 普通

こんな感じで。

でね、厄介なのは…その答えを聞いたコーチや先生は、自分がそういう答えしか返ってこないような質問をしているにも関わらず、「それだけかよ!」って勝手にがっかりしたり、「あいつはあんまり考えてない」みたいな印象をもったりしちゃうことなんですよ。

コミュニケーションスキルが高い人とか、もともとおしゃべりが好きで聞かれていないこともどんどんしゃべれる人ならいいけど、そうじゃない人はめちゃくちゃ損します。

だからこそ、そういう質問がきたときに自分が思っていることを伝えられるような、自分なりの“答える形”を持っておくと楽だと思うんですよね。

まとめ

つい先日の次男へのインタビューを再現してみるとこんな感じ。

今日はどうだった?
今日はトラップがうまくいった。今日の目標はトラップしたときのボールのおきどころを意識することだったんだけど、シュートとかパスをしやすい位置におくことができて次のプレーがうまくいった。
へえ!
でもパスを出す時に受け手の状況を判断するところがうまくいかなかった。自分は「出せる」って思って出したんだけど、相手は「え?俺無理」って言ってて実際ボール奪われちゃったから。判断が難しいなと思った。だから次からそこをもっとがんばりたい。
へえ!質問なんだけど、それはその子に伝えたの?あなたがどう思ってパスを出したか伝えた?
伝えてない。たしかにDFを背中にしょってたけど、あいつなら中にいる○○にダイレ(ダイレクト)ではたけるって思ったんだけど。
あなたの判断がまちがっていた可能性ももちろんあるかもしれないけど、あなたの意図が伝わってなかったという可能性もあると思う。あなたの考えを伝えて相手の考えを聞くことでも判断を磨くことはできるかもしれないね。
そうだね!次から伝えるようにしてみる。

時間にすると数分の会話だけど、書くことにこだわらなければこれでも十分なふりかえりなんじゃないかなと思ってる。

ふりかえりをすることで意識づけにつながるだけでなく、ありがちな大人の雑な質問にうまく答える術も身につきそうなこのやり方、意外とおすすめですよ(笑)