がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

英語はガッツリ週5日!基礎力つけてテストで9割とれる家庭学習方法

(最終更新日:2017/7/9)

中学入学前にちゃんとした英語学習はしてきてないので、英語については実質ゼロからのスタートに近かった長男。そんな長男の家庭学習をサポートするわたしの目標は「苦手意識をもたせないこと」が第一。

苦手意識をもたせないためには、本人が「授業についていけて」「英語ができる感覚をもつ」のが大事。何より手っ取り早いのは、目に見える成果が出ることだから、最初のテストはしっかり点がとれるような準備をする!そうすれば「やればできる」って感覚がめばえるし、軌道に乗れば毎日の家庭学習がうんと楽になる。スタートダッシュが大事って言われるのはそういうことだと、わたしは解釈してます。

今回は実際に最初のテストで9.5割以上とれた家庭学習の方法をまとめます。

家庭学習のやり方は「中間・期末テストに強くなる勉強法」をバイブルに

いまのところ我が家ではこの「中間・期末テストに強くなる勉強法」を参考にして教材を選び、学習の計画を立てています。

使用している教材

教科書

日々の家庭学習は教科書がベース。

教科書準拠リスニングCD

学校から英和辞典、和英辞典といっしょにリスニングCDの注文用紙ももらってきていたのに「いらないかな〜」と思って買わなかったけど…買っておけばよかった!そしたらもう少し安く買えたのに!ぜひ学校での一括購入をおすすめします。

教科書ガイド

教科書準拠の教科書ガイドは、教科書本文の和訳を確認するために使用。

英文法問題集

英文法の問題集はたくさん出てるので、書店で実際にいろいろ見てみて決めるといいと思う。我が家は「英文法パターンドリル」を採用。シンプルでちょうどいい量なのが選んだ決め手。

教科書ワーク

テスト前の仕上げに使用。

教材費

教材名 価格
教科書 0円
教科書準拠リスニングCD 1,620円
教科書ガイド 2,376円
英文法パターンドリル 1,026円
教科書ワーク 1,296円
合計 6,318円

毎日の家庭学習方法

「イメージ音読法」「文法学習」が毎日の家庭学習の柱。

簡単に説明すると、イメージ音読法は「ただ音読するんではなく、イメージしながら音読しようね」、文法学習は「英文をすばやく読めるようになるために文法を身につけようね」っていう感じ。詳しくは「中間・期末テストに強くなる勉強法」を読んでみてください。

平日はこの2つを組み合わせながら毎日英語に取り組みます。ガッツリ週5日体制!

イメージ音読法

項目 内容
学習ペース 週3日
時間 1回40分
使用する教材 教科書、ノート、教科書ガイド、リスニングCD

「リスニングCDを聴く&教科書音読→和訳(教科書ガイドで答え合わせ)→イメージしながら聴く&音読」という流れで行う。

リスニングCDを聴く方法
Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

  • hidekazu seto
  • ミュージック
  • 無料

方法はいろいろあるけど。うちの場合はiTunesに読み込んでiPhoneと同期したうえで「Audipo」というアプリを使って再生してます。いろいろな方法を試してみて、リピート再生AB間再生ができ、速度調整ができるAudipoが一番しっくりきました。同じようなアプリに「リスタノ」っていうのもあるんですけど、これは速度を調整した時に音質がかなり劣化するのであまりおすすめしません。

Audipoの使い方については、こちらの記事が詳しいです。

無料のスマホ用音声再生アプリAudipoで英語のリスニング力を伸ばそう☆ | Enjoy Learning English!!

文法学習

項目 内容
学習ペース 週2日
時間 1回25分
使用する教材 英文法の問題集、ノート

テスト前の学習方法

日々の家庭学習でテスト範囲の学習はできるようになってる前提で、テスト前は解き直しと実践演習などで仕上げをする。

英単語暗記

毎日の学習の中でも「英単語を覚える意識」をもって取り組むとはいえ、やっぱりそれでは足りないのでテスト期間に集中して暗記。暗記は「見るだけ暗記法」で苦手な単語は覚えるまで徹底的に反復する。

英文法の問題集の解き直し

間違えたところを中心に。

教科書準拠の問題集を解く

ここで教科書ワークを使う。

リスニング問題への対策

リスニングCDを使ってディクテーション。

テスト前日に教科書本文英訳

テスト前日に総まとめとしてテスト範囲の教科書本文を英訳。

まとめ

  • 普段はイメージ音読法と文法学習を組み合わせながら毎日取り組む
  • テスト前は解き直しと教科書準拠問題集などで仕上げ

この方法で取り組んだ結果、最初のテストで9.5割以上とれて本人も自信がついたみたいです。その後の家庭学習をみていても、毎日の積み重ねが力になっているのを感じるので、地味だけど基礎をしっかり身につけるにはいい方法だと思います。

次回は「数学」についてまとめる予定です♪

教材リスト