がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

【子供部屋の改造】めんどくさい「洗濯物をたたむ・しまう」を楽にする工夫

長男がまだ小学生だったころ。卒業間近のある夜、子供たちの寝顔を見にいって目に入ってきたのは、ベッドの足元でぐちゃぐちゃになった洗濯物の山!夕方取り込んでお布団の上にまとめておいておいたものが、たたまれないまま足元のほうに寄せられていました。

うちではお小遣いをもらうためのルールがあるんですけど、その中の1つに「自分の仕事を責任をもってやる」というのがあって。その仕事の中に「洗濯物をたたんでしまう」という項目があるんです。これはもう幼稚園の頃からずっと子供たちがやっていることなんだけど。

学年があがるにつれて長男だけでなく次男もこういうことが増えてきたので、ちょっと1回話をしとかなきゃな〜と話をしてみました。

洗濯物たたんでないじゃん…
寝る前にやろうと思うんだけどさぁ、眠くて寝ちゃうんだよね。
じゃあもっと違うタイミングでやればいいじゃん
学校から帰ってきたら遊びに行きたいし。帰ってきてたたもうかと思うと「ごはんだから早くこい」って言われたり、「早く風呂はいれ」って言われたりするしさ。ごはんくらいゆっくり食べたいし、勉強もあるし、なんかタイミングがないんだよね。

た、確かに…半分以上は言い訳のように聞こえるけど言いたいことはわかる。親としても小学生のうちは放課後遊べるようなら遊んでおいでって思うし、宿題だけでなく家庭学習もがんばってる姿をみているし。それに、中学生になれば今よりもっと時間がなくなるしなぁ。

それにこれは長男だけではなく、チームの練習で平日も忙しい次男だって同じ。こうなったらただ「やりなさいよ!」って言うのではなくて、やり方からちゃんと見直したほうがいいなと思いました。

そこで出したわたしの結論は…

子供部屋の改造!!

長男が中学生になる前にやっちゃおう!ということで、春休み中に決行することになりました。

問題解決のポイントは「時短」と「収納」

まず、子供たちが洗濯物をたたんでしまうっていう仕事についてどう思っているのか聞いてみました。

  • 嫌いではない
  • 洗濯物が多いとたたむのに時間がかかる
  • めんどくさい
  • タンスがパンパンになってて入れづらい
  • 冬は洗濯物が多くて大変

だいたいこんな感じだったかな〜。量が多いときには「時間がかかりそうでめんどくせーな」と思っちゃうし、いざしまおうとしたらタンスがパンパンでイライラするってことだね。

つまり問題を解決するポイントは「時短」と「収納」ということ!

子供部屋改造計画

実はわたし洗濯物をしまうのが嫌いなんです。だから子供たちがめんどくさがる気持ち痛いほどよくわかるんですよ〜。

わたしが担当しているのは大人の分だけなんだけど、あんまりにも苦痛なのですこし前からそのほとんどを「かける収納」に変えました。これまでたたんでタンスにしまっていたTシャツやパーカーなども全部。つまり、洗濯して干して乾いたらそのままウォークインクローゼットにかけるだけ!これでずいぶん楽になっただけでなく、かなりの時短になりました。

ということは、子供たちの服も「かける収納」にしちゃえばいいんじゃない?

計画① オープンクローゼットを作る

ただ「かける収納」にするには1つ問題があって。実は子供部屋にはクローゼットがないんです!

f:id:gambaruko:20170503184901p:plain

かけたくてもかけるところがない。できればここに欲しいんだよなぁ。

f:id:gambaruko:20170504092848p:plain

どうしたもんかなぁと何日か悩んでたどりついたのが、二段ベッドを撤去してオープンクローゼットを作るってことでした。

計画② 二段ベッドを撤去

もともと二段ベッドの強度に不安があって、大きな地震がきたときに怖いなという話をしてて。それに長男の身長が伸び盛りなことも考えると、もうそろそろ限界かなぁと思っていたんです。

二段ベッドを撤去すれば、長くて丈夫な突っ張り棒を使って撤去可能なオープンクローゼットが作れるし、既製品の収納を買うより安く済む!いらなくなったらとっぱらえるってとっても大事。

どこで寝るのか問題については、布団を並べて敷いて、朝になったらたたむ。普段はそのままでいいし、お客さんがくるときは布団を主寝室に運べばいいんじゃない?ってことになりました。

計画③ 棚の向きと仕様を変える

あとは、布団を並べて寝るときに邪魔にならない&頭の上にものが落ちてこないように、棚の向きも変えることにしました。

ただ今までと同じサイズだと入りきれないので、1連減らすことに。整理すれば、ひとり1連ずつで大丈夫(なはず)。

使っている棚は無印のパイン材ユニットシェルフです。

自分の好きなようにパーツを組み合わせて使えるこのシリーズが大好き!

子供部屋改造計画のポイント
  • 二段ベッドの撤去
  • オープンクローゼットを作る
  • 棚の向きと仕様を変える

改造後の子供部屋

というわけで、改造後の子供部屋はこんな感じになりました。

f:id:gambaruko:20170504094317p:plain

オープンクローゼット

使用前

使用後

f:id:gambaruko:20170504094409j:plain

突っ張り棒だけだと味気ないので、SPF材で棚をつけました。腕時計や鍵などのこまごましたものや目覚まし時計、それから写真たてなんかも置くことができて便利。

足元にはバンカーズボックスを3つ置いて、それぞれが好きなものをしまうことに。わたしからみてガラクタのようなものでも、子供たちにとっては大事なものだったりするので。

両端にみえているタブトラぽいバケツには、砂やらなんやらで汚れていることが多いサッカーバッグをいれてます。

f:id:gambaruko:20170504112914p:plain

ぐっちゃぐちゃで見苦しいけどこれがありのままの姿なので(笑)収納量としてはひとり1連ずつで十分でした。

3連から2連に減らすにあたって、ものの整理をしたんだけど、見事にいらないものだらけで。収納できるスペースがあればあるだけものが増えるといういい例だなと思いましたよ!

まとめ

子供部屋を改造後、よかったなぁと思うのはやっぱり「洗濯物をたたんでしまう」にかける時間と手間が減ったこと。

洗濯物をとりこんでそのまま各自のスペースにかけられるのでわたしも楽、子供たちはたたむ量が減って楽に時短できたのでwin-win。

タンスにしまう服の量が減ったことで、下着類やパジャマなど従来どおりタンスにしまうものについてもしまいやすくなりました。

それから、特に長男に関しては、中学入学後の緊張と疲れでヘトヘトな時期でも、無理なく楽に仕事を続けられているのがうれしいみたい。どんなにめんどうなことでも、「できていない」っていう状況がわりとストレスに感じるものなのかも。

自分の仕事を責任持ってやるのはとても大事なことだけど、仕事なんだから苦しいのは当たり前でしょっていうのはなんか違うと思うし、思いきって改造してよかったです!

そのほかにもいろんないいことがありましたよ。

  • 部屋が広くなった
  • 「布団をたたむ」という作業が気分の切り替えになる
  • 棚を減らしてものが増えなくなった
  • 掃除がしやすくなった
掃除機かけやすくなったのはまじでうれしい!二段ベッドの下ってほんっとにめんどくさくてつサボりがちだったんだよね…

というわけで、今回の子供部屋改造計画は大成功〜♪

購入したものリスト

突っ張り棒(楽天)

対荷重の重いかなり頑丈なやつ!

SPF材(ホームセンター)

ホームセンターで購入後、指定したサイズにカットしてもらいました。値段はネットと同じくらい。

ブラケット(ホームセンター)

よくある普通の白いやつにしました。見えるものでもないし、おしゃれじゃなくてもいいなと思って。

ランドリーバスケット角(ニトリ)

ランドリーバスケット角(LBK-4438) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

似てるのだとこれかな。こういうスクエアタイプが使いやすい。

ハンガー(ニトリ)

洗濯Yシャツハンガー 10本組(10P NW) | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

ハンガーはニトリのシンプルなやつが好き。10本で200円弱という安さ!3セット買いました。