読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

サッカー少年の家庭学習と本の記録

他人の子供に「ばばあ」「デブ」「ブス」と言われたら…叱る?叱らない?

ぶす (狂言えほん)

他人の子供に「ばばあ」「バカ」「デブ」「ブス」的なことを言われたら、あなたならどうしますか?叱る?叱らない?笑ってごまかす?それとも無視する?

先日、長男のサッカーチームに帯同して試合に行ったときに、ある子供がわざわざわたしのところへやってきて「ばばあ」「ねえねえ、ブスだね」「とんはは(呼び捨て)ってバカなの?」と言ってきました。普段からそういうところがある子供なので適当に「はいはい」と流していたのですが、反応しないのがつまらないせいかどんどんエスカレートしてしまい…。

それでも淡々と受け流し続けるわたしをみて、最後は周りの子供たちが「いいかげんにしとけよ、しばかれるぞ」と注意してくれてようやくおさまりました。若干ひっかかるところはありますが、怒るとこわいイメージがあることがわかったのは収穫といっていいかな(笑)(ちなみにしばいたことはありません)

子供の友達やサッカーチームの子供たちと接していると、ときどきこういう口や態度の悪い子に出会います。自分の子供が他人に向かってそんな口をきいていたら間違いなく叱るけれど、他人の子供だったら…。正直いって叱るのは面倒です。反応するのすら面倒くさい。

もちろん命に関わるような悪さをしたり、公共のルールに反することをしたりしたというなら話は別です。そんなときは、全力で止めるし叱る。

でも、今回みたいな侮蔑的な言葉によるからかいに対しては相手にするだけ無駄だと思う。機転のきいた受け答えができるならそうするのもアリかもしれないけど、わたしは人をからかって楽しむノリがわからないし、うまく返せる自信がないので応戦はしません。戦わないけれど、絶対に欠かさないことが1つあります。

それは、目をそらさないこと。

目で逃げないこと。相手がそらすまで見つめ続けます。丸腰で自分を真正面から見つめる相手にどこまで侮蔑的な言葉をかけ続けられるか、じっと見守ります。静かな戦いだし、じっとしているわりに消耗するけれど、わりと効果があるんですよ。

いくら相手が子供とはいえ、「バカ」だの「ばばあ」だの言われ続ければイライラするし、カチンときます。だけど真っ正直に怒って注意したとしても「大人げない」と言われたり、「何もそこまで怒らなくても」という空気になったりする。

そんなことで消耗するよりも、「戦わずして勝つ!」を狙うのがわたしには合っているなと思います。

まとめ

他人の子供に「ばばあ」「デブ」「ブス」などの侮蔑的な言葉をかけられたらどうするか?

わたしの場合は…

相手の目をじっとみてスルー

今日は以上です。