がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

読書感想文の書き方がわからない次男にやってみたサポートまとめ

読書感想文なんてどうでもいい宿題は滅びてしまえと思っているとんははです。

今年はじめて読書感想文を書くことになった次男をどんな風にサポートしたか、忘れないうちにまとめておきたいと思います。

最初に申し上げおきますが、はじめての読書感想文なのでサポートの度合いとしてはがっつり!です。というわけで、「子供には自力でがんばっていただきたい」という考えの方には向きません。

1. 本選びのポイント

とっつきやすい本を選ぶようにすすめる。

はじめて読む本は避ける

読むのに時間がかかるので、好きな本や何度も読んだことのある本を選ぶ。他に何か読みたければ単なる読書として読めばいい。

長すぎない本にする

絵本で十分。記事の最後に読書感想文にむいている「絵本」を何冊か紹介しておきます。

悩んだら教科書に出てきたお話にする

それでも悩んだら、教科書に出てきたお話を選ぶ!

2. 文章作成のポイント

サポートする親は、読書感想文の型を決めて流れを理解しておくこと。

① 型を決める

検索したら色々出てくるし、本もたくさん出てるので、その中からこれだと思うものを選んで、流れを理解しておくこと。

今回はドラえもん好きの次男のためにこれを買いました。

② インタビューする

型が決まったら、その型をうめていくような質問をする。

例)「ちいちゃんのかげおくり」を読んだ場合

母:「ちいちゃんのかげおくり」を読んで一番心に残ったところはどこ?

子:家族みんなでかげおくりをしたところ。

母:どうしてそこが心に残ったの?

子:最初はかげおくりって楽しそうだなと思ったけど、できなくなってしまったから

母:なんでできなくなっちゃったんだっけ?

子:戦争でみんな死んじゃったから

母:そうだよね。どう思った?

子:家族みんなでかげおくりしてたのに、最後はちいちゃんだけになっちゃってさみしいなって思った

こんな感じで、質問をどんどん広げていきながら、どんどん付箋にメモってく。子供にこれをやらせようとすると、ものすごく時間がかかるので、わりきってどんどん親がメモる。子供には答えることに専念してもらうのがポイント。

③ 型にそって付箋を並べる

似たようなものはまとめて、型の順番に付箋を並べる。

④ とりあえず文章にする

付箋に書いてあることを文章にしていく。大きめの付箋に1文ずつ書いていきます。接続詞とか細かいことはあとまわし。

「ぼくは、ちいちゃんは幸せだったと思います」
「ちいちゃんは、家族みんなでかげおくりができてうれしかったと思います」

っていう感じで、メモしたことをとりあえず文章にするのがポイント。

⑤ 「なたもだ」でまとめていく

書いた文章を「なたもだ」でまとめていく。子供といっしょに考えます。

な…なぜならば
た…たとえば
も…もしも
だ…だから

付箋に「なぜならば」「たとえば」「もしも」「だから」と書いて、④でつくった文章と組み合わせてまとめていく。なたもだの順番は入れ替わっても大丈夫。

例)
ぼくは、ちいちゃんは幸せだったと思います。

なぜならば、家族みんなで過ごした思い出があるからです。

たとえば、ちいちゃんにはお父さんが戦争にいく前に家族みんなでかげおくりをした楽しい思い出があります。

もしも、ちいちゃんが生まれた時に、お父さんがもう戦争に行ってしまっていたら、家族みんなの思い出ができなかったかもしれません。ちいちゃんくらいの子供たちの中にはそういう子もたくさんいたと思います。

だから、ぼくはちいちゃんは幸せだったと思います。

⑥ 清書して完成

最後に原稿用紙に清書して完成。

まとめ

  • 親が読書感想文の型を理解しておくこと
  • 親が良きインタビュアーになること(あと、メモ)

これがポイントかなと思いました。ちなみに所要時間は4時間ほど。おつかれさまでした。みなさまもがんばってください!

今日はこのへんで、おしまい。

読書感想文におすすめの絵本

ひとつひとつここがおすすめ!とは書きませんが、どれも感想文を書きやすい本ばかりです。思いついたら追記していきます。

ちいちゃんのかげおくり

ウェン王子とトラ

ありがとう、フォルカー先生