読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

がんばる小学生と家族の珍道中ブログ

スポンサーリンク

1週間分の献立をレシピサイトのURLコピペのみで作成するGoogleスプレッドシートが便利だったのでアレンジしてみた

雑記

食材管理と、日々の「今日なにつくろっかな」から解放されるため書き続けていた献立ノート。

ビーさん(@gambaruko)が投稿した写真 -

こういうやつ。

会長になってからは忙しいのと、時間ができたら他のことがしたいのとで、だんだんサボるようになってしまいました。サボると途端に適当ごはんになってしまうわたし。適当なごはんが悪いわけじゃないんだけど、わたしの場合は適当になると品数が減る→翌日、お弁当のおかずに困って朝からバタバタしてぐったり→適当なごはん→ぐったり…そんな負の連鎖が続いてしまうのです。えんえんと。

これじゃいけない!

新年度のバタバタが少し落ち着いて疲れもとれてきたことだし、このあたりでもう一度献立ノート再開したい。でも正直いって以前のようにゆったりと時間をかけて献立を考える時間は作れないなと思いました。だったら、ちゃんと続けられそうなやり方を考えよう。

で、いろいろ考えて、調べて、見つけたのがこれです。

shirayuca.github.io | かんたん献立シート

Googleスプレッドシートにクックパッドのレシピを表示できるようなファイルを作成しました。使い方はとても簡単で、

クックパッドで毎日のレシピを検索する 検索したレシピのURLをスプレッドシート上のグレーのセルに貼り付ける これだけです。

shirayuca.github.io | かんたん献立シート

とあるように、これはクックパッドのレシピURLをコピペするだけで献立シートが作成できる便利なスプレッドシートです。

これは便利!ちょっとアレンジしたら自分好みの献立シートが作れそうだなと思いました。importXML関数なんてはじめて聞いたくせに強気です(笑)

アレンジ版「かんたん献立シート」

じゃーん。

f:id:gambaruko:20160519171845p:plain
[追記] 分量を追加しました。(2016/05/19)

importXML関数について何も知らないわたしでもアレンジすることができました。インターネットってすごい。

アレンジ版 かんたん献立シート - Google スプレッドシート

もし使ってみたいなという奇特な方がいらっしゃいましたら、[ファイル]→[コピーを作成]でご自分のGoogle Driveに保存してお使いください。

注1)入力しているレシピURLは適当に選んだものなので献立の参考にはなりません
注2)週末は外食したり、希望を聞いて作ったりすることが多いので平日5日分の献立にしました

アレンジした点

  • 「みんなのきょうの料理」のレシピも表示できるようにした
  • レシピの画像は必要ないので省略した
  • 作り方も表示できるようにした
  • 色などの細かい仕様を変更した

大きな変更点は、「みんなのきょうの料理」のレシピも表示できるようにしたことです。わたしはクックパッドも利用しますが、どちらかというと「みんなのきょうの料理」を参考にすることが多いので、両方のサイトからレシピを表示できるように列を増やしました。

www.kyounoryouri.jp

使用した関数(みんなのきょうの料理)

[追記・訂正] 分量を追加、セル名を修正しました。(2016/05/19)

B列を例に説明すると…

B2セル
  • グレーのセルに「みんなのきょうの料理」のレシピURLを入力
B3セル
  • レシピのタイトルを取得 =importxml(B2,"//h1[@class='fn']")
B4セル
  • レシピの分量を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(B2,"//dl[@class='bunryou']"))
B6セル
  • レシピの材料を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(B2,"//*[@id='ingredients_list']"))
B23セル
  • レシピの作り方を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(B2,"//*[@id='tukurikata_list']"))

使用した関数(クックパッド)

[追記・訂正] 分量を追加、セル名を修正しました。(2016/05/19)

D列を例に説明すると…

D2セル
  • オレンジのセルに「クックパッド」のレシピURLを入力
D3セル
  • レシピのタイトルを取得 =importxml(D2,"//h1")
D4セル
  • レシピの分量を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(D2,"//span[@class='servings_for yield']"))
D6セル
  • レシピの材料を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(D2,"//*[@id='ingredients_list']"))
D23セル
  • レシピの作り方を取得、行列入れ替えで表示 =TRANSPOSE(importxml(D2,"//*[@id='steps']"))

使い方

  1. 2行目の「レシピURL」に、レシピのURLを入力する。(みんなのきょうの料理はグレーのセル、クックパッドはオレンジのセル)

  2. レシピのタイトル、分量、材料、作り方がそれぞれのセルに展開される。

まとめ

献立を考えてなくても、冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと何品も作れるお母さんってすごいなぁって思います。それができるって実はすごいことなんですよ。まだまだわたしはその域に達するには程遠いレベル。そんなわたしにはやっぱり献立を考える作業が必要だなと思いました。

これからは作成した献立シートをプリントアウトして、余白部分に残っている食材をリストアップしたり、レシピの変更点などを書き込んだりして使っていこうと思ってます。

繰り返しになりますが、わたしは全くの初心者です。間違っているところ、改善したほうがいいところがあるかもしれません。いや、きっとあるはず。なにかお気づきの点がありましたらご指摘いただければと思います。

最後に、すてきな献立シートをつくってくださった白土さんありがとうございました。

shirayuca.github.io

▽ その他の参考サイト
SpreadSheetでスクレイピング。Importxml他、便利な関数9+1 - Qiita
レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド



おしまい。

▽ 過去記事