がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

Baby steps to Giant strides 〜PDCAまわしまくりの「ベイビーステップ」〜

今、我が家でちょっとしたブームになっている漫画があります。それは…

じゃーん!

ベイビーステップ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

「ベイビーステップ」

もともと夫には「いろんなスポーツの漫画を読みたい読ませてやりたい」という思いがあって、我が家の本棚にはサッカー、野球、バスケ、自転車などなど、いろんなスポーツ漫画があります。

夫はなにかというと「スラムダンクではね…」とスラムダンク名言をつかって子供たちに話をするような人。そして漫画から多くのことを学べると信じてやまない人。おかげで子供たちは読む漫画に困ることはない(笑)パラダイスのような環境だなと思います。

そんな夫が今ものすごくハマって買い揃えているのが「ベイビーステップ」

あんまりおもしろいおもしろいうるさいのでとすすめるので読んでみたら、

うん、おもしろい!

そして、読んでいくうちにおもしろいだけじゃないってこともわかってきた。この漫画すごくない?

ベイビーステップとは

ベイビーステップのことを知らない人は、とりあえずこれを観てください。

www.youtube.com

小学生のときから、成績はずっとオールA! 几帳面でマジメな“エーちゃん”は、高校進学を機に軽〜い気持ちでテニススクールに通い始める。そこで、ちょっぴりいい加減!?でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会い、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!!

現在38巻まで出ています。(ちなみにうちはまだ半分くらいしか揃ってません)

エーちゃんノートがすごい

主人公エーちゃんは、とにかく几帳面な性格で、スケジュールもきっちり、時間もきっちり、お弁当の食べ方もきっちり、そしてノートもきっちり。なんでもきっちり!

なかでもエーちゃんの特徴ともいえるのがノート。それまでは勉強にしか活用されていなかったエーちゃんのノート術が、お母さんの思いつきで始めることになったテニスでもおおいに役立つんです。コーチのアドバイス、対戦相手の特徴やプレースタイル、バリエーション、試合中に気づいたことなど、あらゆることがこのエーちゃんノートにつまってる。

試合中の短いインターバルも、このノートを使ってふりかえり、修正して、実行するエーちゃん。そうやって練習中でも試合でも、どんなことでもノートに書き留める姿から「ノートの人」と呼ばれるようになります(笑)

どうやったらあんなにわかりやすくまとめることができるの?って思うくらい、エーちゃんのノートはすごい。

PDCAというよりCAPD?

エーちゃんがノートを使ってやってることってPDCAっぽい。

PDCAサイクルとは、業務プロセスの管理手法の一つで、計画(plan)→実行(do)→評価(check)→改善(act)という4段階の活動を繰り返し行なうことで、継続的にプロセスを改善していく手法。
PDCAサイクル(PDSサイクル)とは - IT用語辞典

看護学生のとき、このPDCAサイクルを徹底的に指導されました。よく言われたのが「評価をしないままダラダラやるな」ということ。計画をたてて実行しっぱなし、あなたたちにはCとAが抜けている!と。

特にこのことを言われたのは実習のときでした。まず1日目に情報を収集して看護計画を立てるように言われるんだけど、「計画を立てなくちゃ」という意識で入るとなかなか難しいんですよね。特に学生はね。わたしだけかもしれないけどね。

で、自分が立てた計画に基づいて実行して、それについて評価して…って一応やってはいたけれど、どうもしっくりこなかった。なんか違うんだよなぁと思いながら、実習レポートをまとめていました。その繰り返しが大事なのはわかるんだけど、型にあてはめてやっているだけのような感覚がどうしても拭えなかったんです。

ベイビーステップを読んでると、エーちゃんがやってることって、一見このPDCAにみえます。しかも、ものすごく高速で回してるPDCA。「ベイビーステップ PDCA」で検索候補がでるのをみても、そう感じている人は多いんだと思う。でも、わたしは、実はこれってCAPDなんじゃないの?って思いました。順番が違う気がするな、と。

情報を集めて計画を立てるんじゃなくて、まず分析をするところからはじめる(Check)。そこで改善すべき点をみつけて、改善する策を考える(Act)。そして具体的にやることを決めて(Plan)徹底的に反復して実践する(Do)。このサイクルを繰り返しているようにみえる。

そう考えてみると、こっちの方がPDCAよりしっくりくるなぁと思いました。現状を把握して、改善すべきところを見つけてから立案するほうが、しっくりくる。いきなり計画をーというのが、わたしには難しかったんだなと。

テニス漫画を読んで、まさかこのことに気づかされるなんて思いませんでした。奥が深い〜!そしてそういうところがおもしろい!

まとめ

ベイビーステップはテニス漫画としてはもちろんだけど、それ以外にも勉強になる要素がいっぱい!いろんな意味で楽しめる漫画です。

わたしが今まで読んだベイビーステップのなかで一番グッときたのが、3巻で出てくるこの言葉。

「たとえ目標がどんなに遠くても、どんなに自分の一歩が小さくても、立ち止まりさえしなければ、きっといつかは届く。」

それがまさにBaby steps to Giant strides!

子供たちにこのメッセージが届いているといいな。

おしまい。

▽ 過去記事 gambaruko.hatenablog.com gambaruko.hatenablog.com gambaruko.hatenablog.com