読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

がんばる小学生と家族の珍道中ブログ

スポンサーリンク

奇跡のレッスン〜世界の最強コーチと子どもたち〜「バスケットボール編」をみた

雑記

f:id:gambaruko:20160102213529j:plain

今日は急ぎ足でいきます。なぜならば、時間がないから。とりあえず、あと10分で書き上げたい。

奇跡のレッスン新春スペシャル

が19時から始まります!!

BSみれる方は急いでー!録画してない方はしたほうがいいかもー

 

バタバタしていて気がついたら18時半すぎ。人に何かを強く勧めるのは得意じゃないけど、どうしても多くの人(特に子供たちと関わる人)と共有したい。みれる人だけでもいいから、多くの人にみてもらいたい。

その思いだけで、ぶわーっと記事を書きました。ここから先は、加筆訂正版でお送りします。

 

バスケットボール編は下町の中学校が舞台

昨日の夜、録画していた「奇跡のレッスン〜バスケットボール編〜」をみた*1

身長160cm。NBA(北米の男子プロバスケットボールリーグ)史上、最も小柄な選手でありながら、チームの司令塔として14年間にわたって活躍した伝説の選手。それが今回の最強コーチ、マグジー・ボーグスさん(50)だ。その特別レッスンを受けるのは、東京の下町にある公立中学校の男子バスケットボール部員たち。もともとの経験者は少なく、プレーに自信が持てずにいた。マグジーさんとの熱い1週間で、奇跡は起きるか?

NHKドキュメンタリー - 奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~「バスケットボール編」

これまで奇跡のレッスンが行われたのは、サッカー、テニス、チアダンス*2。そして、今回はバスケットボール。

サッカーも、テニスも、レッスンを受けたのは小学生だった。でも今回のバスケットボール編は、中学生。3年生が引退したあとの、1〜2年生中心の若いチームの話。

最強コーチに共通する"あること"

これまでの最強コーチたちには"あること"が共通している。種目が違っても、国籍が違っても、共通する"あること"とは?

それは、

楽しもう!

という姿勢。どのコーチも、まず最初に必ず「さあ、楽しもう!」と声をかける。そして、自分も一緒に楽しむ。楽しんで取り組む姿をみせる。子供たちは自然と夢中になっていく。

楽しむということは、決してラクをするということではない。だけどなぜか、「楽しんでやろう!」と「一生懸命やろう!」は対極にあるように感じてしまう。そして後者の方を求めがちな自分に毎回気づかされる。

ミスを指摘するときは感情的にならない

マグジーさんは、子供たちのプレーで良くなかったところはハッキリと指摘する。「なぜ?」と問いかける。その代わり、子供たちがいいプレーをしたとき、チャレンジしたときは大きな声でオーバーなくらいに褒め称える。「いいぞ!」「最高だ!」という具合に。そのときの子供たちの笑顔がとてもいい。

いいプレーをすると褒められる。具体的に褒められるから「ああ、さっきのこれがいいプレーなのだな」とわかる。そうすると、もっとやってみよう!どんどんやってみよう!とチャレンジするようになる。

「彼らはやっていることが正しいかどうか自信がないときがある。そこで彼らがやっていることが正しいかどうかみて、声をかけてあげる。ネガティブなものばかりだとネガティブになってしまうから、褒めるときはしっかり褒める」

 

子供たちがどんどん変わっていく姿は、本当に奇跡のようだ。

印象に残った場面

すべてが印象的だけど、特に印象に残ったのは、バスケ部顧問の先生がマグジーさんに悩める心情を吐露する場面。

「選手が前日にやったメニューを忘れてしまうことがよくある。それってフラストレーションたまりませんか?」

これに対してマグジーさんはこんな風に答えた。

「子どもたちが間違ったことをしたときに、きちんと伝えることは大切。 でもそこにフラストレーションはない。 彼らに分かってほしいのだから、分かってもらえるまで辛抱強く伝える。 自分の不満は子どもに伝わるし、彼らはそれを感じている。 チームに求める性格を、コーチ自身が備えなければいけない。 子どもたちは学校を映し出し、あなた自身を映し出しているんですよ」


夫もわたしも「おおっ!」と口に出してしまうほど衝撃だった。直接その言葉をかけられた顧問の先生の心中は察するに余りある。でも大丈夫、先生だけじゃないですよ。刺さった人はたくさんいるはず。そういうわたしも、グサグサ刺さったひとり。しかもかなりの重傷。思い当たるところがありすぎる。

これはバスケットボールやその他のスポーツだけでなく、仕事でも子育てでも言えることだ。子供たちにイライラすることはよくあるけれど、イライラしたところで「イライラしていること」しか伝わらない。「何回いったらわかるんだ!」と言ったところで、わからないものはわからないのだから、わかるまで伝える。わかるように、伝える。

それがわかっているのにイライラしちゃうわたしは、今年坐禅をすることに決めた。こうなったら修行だ!

マグジーさんの言葉

心にとめておきたい言葉をいくつか紹介しておく。 

みんなも、自分の強さと弱さについてしっかり考えてほしい。弱さを乗り越え、自分の可能性を磨いていこう。


マグジーさんが言うからこそ、響く言葉。

選手は試合でうまくはならない。練習でうまくなるんだ。自分の弱い部分も悪い癖も、練習でキレイに磨いていくのさ。何度も何度も同じことを繰り返すのはつまらないだろう。だけど絶対にうまくなる。それを続ければ、試合の時”セカンドネイチャー”のように動けるはずさ


第2の本能=セカンドネイチャー。同じことの繰り返しに必ず子供たちは飽きる。でもこの教えが胸にあれば…

違う役割を与えて新たな可能性をみつける


今与えられている役割で力を発揮できていないなら、違う役割を与えてみる。1年生レギュラーのジュオンくんと2年生のPGカナトくんがポジションをチェンジした場面。水を得た魚ってこういうことなんだなと思った。

おわりに

マグジーさんが初めてこの中学校を訪れたときに、掲示板に貼ってある写真をみて、こう呟いた。

「Kids are our future.」


子供たちはわたしたちの未来。その姿をみて、ああこれからすごいレッスンが始まるんだなと思った。その予感は、本物だったよ。

今後の「奇跡のレッスン」も楽しみ!

 

 

おしまい。

 

▽ 過去記事 

 

*1:放送されたのは2015年の11月。今回のは再放送です。

*2:残念ながら見逃してしまった。チアダンスのレッスンを受けたのは中学生