読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

サッカー少年の家庭学習と本の記録

英語の家庭学習は具体的な目標を設定した方がいいかもしれない

f:id:gambaruko:20150930142440p:plain

わたしの英語は中学生レベルで、会話は挨拶以外まったくできないレベル。だからこそ子どもたちには!!! という、熱い思いがあるわけでもなく、ただ必修になっていることだし、触れておいたほうがいいねという程度の意識で、家庭学習に取り入れている。

 

今やってるのはチャレンジイングリッシュ。チャレンジは退会したけれど、チャレンジイングリッシュだけは継続してる。ただ、なんとなーくやってる感があって、それなら別にチャレンジイングリッシュじゃなくてもいいんじゃないの?っていう気もしてくる。

 

こうやって定期的に見直しをしたくなるのがわたしの性格みたい ( ^ω^ )

 

gambaruko.hatenablog.com

 

でもね、子どもたちはチャレンジイングリッシュ大好きで、楽しんで取り組んでいるわけですよ。その楽しさは学びの原動力になるはずだから、その学びをもっと高めるためには、高すぎない目標があったほうがいいんじゃない?っていうのが、今回のテーマです。なんとなくやらんと、なんか目標定めてみよーかというお話。

 

英検という目標を検討してみる

英検ってそういえば高校の頃、強制的に受けさせられたな〜という苦い印象しかないんだけど、「テストを受ける」というのは目標としてはわかりやすくていいかもと思った。小学生が受ける英検って何級だろうな?と調べてみたら、とりあえず最初は5級を目指すっぽい。

 

そうと決まれば情報収集だ!と日本英語検定協会の公式サイトを見てみたら、「英検Jr.」という文字が見えた。小学生だからジュニアでいいよな?と思って詳しく見てみると、こちらは一般の英検じゃなくて元・児童英検だということがわかった。なんだ名前が変わったのか〜!児童英検と呼ばれていた英検Jr.はどんなものかというと、

英検Jr.は、児童の英語能力の調査・研究を目的に、英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標として1994年に開発した児童向けの「育成型ゲーム感覚」のリスニングテストです。小学校の外国語活動必修化時代にマッチした当テストは、創設以来の累計志願者120万人を超えています。

英検Jr.の特徴とメリット | 英検Jr. | 公益財団法人 日本英語検定協会

合否という形ではなくて、進級の目安として正答率で結果を伝えられるテスト。合否という目でみるならば、正答率80%以上が合格と捉えればいいようです。

 

さて。目標にするならこの二つのどちらかだろうな?と思うのですが、違いが全然わからないので、まずは両者を比較してみることからはじめてみます。

 

英検5級

【CD付】小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂版 (旺文社英検書)

英検5級について、ざっとおおまかにまとめるとこんな感じ。

英検5級 内容
レベル 中学初級程度
試験内容 一次試験のみ(筆記25分、リスニング20分)
合格ライン 満点の60〜65%
試験会場

本会場または準会場。(公式HP)

本会場の場合、受験地は選べるが試験会場は選べない。

検定料 本会場:2000円
準会場:1500円
試験日 年3回。6月、10月、1月に行われる。

 

詳しくは公式にゆずりますが、for kids!という子ども受験者向けのページがすごいです。当日のスケジュールや持ち物のことまで事細かくフォローしてあってすばらしすぎる!受験前に一読しておくことをおすすめします。

 

www.eiken.or.jp

英検Jr.

楽しくはじめる児童英検ブロンズ 英検 Jr.対応 (旺文社英検書)

一方、英検Jr.はこんな感じ。表の中がごちゃごちゃしちゃった。見辛くてごめんなさい。

英検Jr. 内容
レベル

3つのグレードに分けられている(公式HP)

・BRONZE:小学校低学年

・SILVER:小学校中学年

・GOLD:小学校高学年

試験内容

各グレードとも、リスニングが中心。

・BRONZE:文字問題はなし

・SILVER:アルファベットと簡単な単語を選ぶ問題

・GOLD:単語の綴りと短い会話文を選ぶ問題

合格ライン

合否はなし。正答率のみ表示される。

試験会場

ペーパー版とオンライン版がある。

個人受験の場合はオンライン版で受験する。

検定料

受験できる有効期間は3ヶ月。

・BRONZE:2300円

・SILVER:2500円

・GOLD:2700円

※有効期間内に1回のみ受験できる。

試験日

オンライン版の場合、随時可。

インターネットで受験後すぐに結果が出る。

 

英検Jr.はリスニング問題がほとんど。公式サイトでサンプル問題にチャレンジすることができるので、どんな感じか確かめるといいかも。

 

www.eiken.or.jp

 

どちらを目標にするか?

チャレンジイングリッシュで現在やっているのは、どちらかというと英検Jr.向けの内容だと思った。まだレベル2(読み書きをしない)だから、やっぱりそうだな。

sho.benesse.co.jp

となると、とりあえず目指すべきなのは英検Jr.のGOLDを100%に近い正答率でクリアすることかな〜。そしてチャレンジイングリッシュの進度を見ながら、6年生中に英検5級にチャレンジできたらいいな。これはあくまでも、親側の目標。あとは、当然ながら本人のやる気次第。でもまあ、賞状好きだから、多分のってくるとは思う。

 

まとめ

今回、英語の家庭学習の目標設定について考えてみて、ようやくチャレンジイングリッシュの活かし方が見えてきた気がしました。漫然と続けるより、高すぎない目標を設定して、それに向かってコツコツがんばるほうがよっぽど良さそう。英語は好きっていってるから、好きを力につなげてあげられたらいいなと思いました。

 

ずーっと気になってたからスッキリした!