読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばる小学生

サッカー少年の家庭学習と本の記録

【学用品】「字がきれい!」と褒められる小学生男子が愛用している鉛筆と消しゴム

(最終更新:2017/4/12)

うちの子たちは、学校の先生たちや、お母さんたち、それから周りの子どもたちからも、「字がきれい!」と褒められることが多いです。親のわたしからみても、男の子にしてはきれいだなと思います。

 

f:id:gambaruko:20170412094759p:plain

長男(小5のとき)

 

f:id:gambaruko:20170412095027p:plain

次男(小3のとき)

 

字がきれいといっても見ていただけばわかるように、決して「美文字」というわけではないんですよ。整った字という意味で「きれい」と言われているのではなく、おそらくは「丁寧に書く」とか「しっかりと書く」ことができているという意味だと思っています。

とはいえ、最初からきれいな字を書けたわけではありません。丁寧でしっかりした字を書くためには、実は「筆記用具の選び方」がとても大事です。

 

今回はうちの子たちが愛用している鉛筆と消しゴムを紹介します。

 

MONO100

高級鉛筆というと、だいたいMONO100とハイユニが比較されます。実際に書き比べてみると、MONO100は少し硬め、ハイユニは柔らかめ。とはいえ、どちらも滑らかな書き味で、芯も折れにくいし、とてもすばらしい鉛筆なんですよ!筆圧が弱くてもしっかりと書ける。逆に強くても芯が折れにくい。

わたしはどっちも大好きだけど、2人の入学時の鉛筆として揃えたのはMONO100のほう。書き心地としてはMONO100でもハイユニでもどちらでもよかったので、最終的には見た目で決めました。黒×金のボディに金で名入れしてもらうとすごくかっこいいです。

ちなみに在庫切らしてたときに MONOR を試したら「いつものにして」とクレームがきちゃいました。「なんかジャリジャリして書きづらい」と。わかるんですね、やっぱり。

 

ユニ

三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B 12本入 U2B

三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B 12本入 U2B

 

そして最近愛用している鉛筆がこれ!MONO100の良さは十分わかっているけれど、小学生が2人になると鉛筆の消費量も半端なくって。

できればもう少しコストを下げたいなーと思って試したのが、ユニでした。ハイユニのいっこ下のグレードでハイユニより500円ちょっと安い。

実際に筆記してみると、MONO100のいっこ下のグレードであるMONOよりも滑らかな書き心地(当社比)。わら半紙みたいなざらついた紙にも滑らかに、ひっかかりなく書けます。

そしてその辺の文具コーナーにも必ずある!実はこれ、かなり重要です。急に買ってと言われたとき、すぐ手に入る。

というわけで、現在我が家ではこのユニを愛用しています。 

小学生学習字消し 

ラビット 小学生学習字消し100 RFW100S-5P 5個

ラビット 小学生学習字消し100 RFW100S-5P 5個

 

消しゴムも色々と試しました。色々試して、今のところはこれが横綱! 鉛筆も消しゴムもどっちも大事だけど、わたしはどちらかというと消しゴムの方が大事だと思っています。

なぜかというと、小学生、特に低学年のうちは字を消す機会がかなり多いから。消すときにプリントがぐしゃぐしゃになったり、ノートがやぶれたりすると、そこでモチベーションガタ落ちになっちゃうんですよね。うまく消せないとイライラするみたい。

ラビットの小学生学習字消しは、軽い力できれいに消せる消しゴムなので、低学年の子どもでもきれいに消すことができてすごくおすすめです。

まとめ:書きやすい鉛筆、よく消える消しゴム

小学生に与える鉛筆や消しゴムの条件は「書きやすい鉛筆、よく消える消しゴム」だと思います。

そうじゃないものを使っていると「うまく書けない」「うまく消せない」→「書くのが嫌い」→「勉強嫌い」になっちゃうんじゃないかな?おおげさかもしれないけれど、わたしはわりと真剣にそう思っています。

なんのひっかかりもなく滑らかに字が書ける鉛筆。そして、子供の弱い力でもきれいに字が消せる消しゴム。いい道具の力ってすごいです。

最初っから「汚い字を書こう」と思っている子なんていないと思うんです。はじめて鉛筆を使う子供にとっては、まっすぐな線をかくのも、曲線をかくのも難しいもの。一生懸命がんばって上手に書こうって思って取り組んでいても、なかなかうまくいかないんですよね。そんなときに助けになるのが「いい道具」だと思うんですよ。

うちの子供たちの「字をきれいに書く」力を支えてくれているのは、いい鉛筆と消しゴムです。でも実はいつも丁寧にしっかりと書いているわけではないです。時と場合によっては、すばやく書くということを意識するように声かけしています。それについてはまた別の機会に。