がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

雑感

早い時期に教科担任の特徴や傾向をつかむメリットについて

我が家は長男たっての希望により、塾なし・家庭学習のみで勉強をすすめています。

中1長男の思春期ニキビ対策をまとめてみました

長男が中学生になる少し前あたりから、おでこや鼻のわきにポツポツとできはじめた思春期ニキビ。そういう年代だからしかたないって言うのは簡単だけど、気になってさわっちゃって赤く膿んじゃったりしたので、男子にもできるような、やりすぎないスキンケア…

お弁当を作るのが苦手なわたしには行動のパターン化が最適解だった

長男が中学生になって大きく変わったこと。 それは毎日お弁当をもっていくようになったこと。 もともと夫のお弁当を毎日作っていたんだけれど、去年は会長仕事で毎日ほんとに忙しくて、かなり手抜き&さぼりっぱなしで。それに実はそんなに得意じゃないんだ…

【子供部屋の改造】めんどくさい「洗濯物をたたむ・しまう」を楽にする工夫

長男がまだ小学生だったころ。卒業間近のある夜、子供たちの寝顔を見にいって目に入ってきたのは、ベッドの足元でぐちゃぐちゃになった洗濯物の山!夕方取り込んでお布団の上にまとめておいておいたものが、たたまれないまま足元のほうに寄せられていました…

PTAについて思うこと

わたしは一般的なPTAの理念とか活動自体は賛同するけど、子供が通っている学校のPTA活動については「けっ」と思っている。だからネットなどでPTAについての愚痴や批判を読むと、「うわーわかる!あなたのところもそうなのね!」って気持ちになるし、逆にうま…

「べっぴんさん」のお母さんのような、子供の夢を「ええなぁ」と言えるお母さんになりたい

オープニングには若干違和感があるけれど、今週から始まった「べっぴんさん」にはここ数日泣かされてばかりいる。 特に菅野美穂さん演じるお母さんの、子供たちへのまなざしがたまらない。 あんなに上品で優しい女性にはなれないけれど、これだけは真似した…

歴史とお刺身が大好きな長男と小田原に行ってきた

歴史とお刺身が大好きな長男と小田原に行ってきた。 来春には中学生になる長男と、2人で出かける機会なんてきっともうそんなにはないはずだと思って。 リュックを背負って、電車に揺られながら「最近学校どう?」「そういえばこないだね…」「お昼なに食べよ…

子供の話を聞くためだけの時間をつくる

長男は、授業中に問題の答えを答えることについてはあまり抵抗がない人。だけど、自分の意見や感想をみんなの前で話すことが苦手。 次男は、やろうと思えばできないことはないけれど、できるだけ人前で話すのはさけたい人。自己紹介が一番苦手らしい。 大勢…

修学旅行準備メモ〜持ち物・服装・注意点まとめ〜

小6の9月といえば…修学旅行!昔からこのあたりの学校は「日光」へ行くことになっているようです。もちろん、長男たちの学校も。 たった1泊2日の旅行とはいえ、子供たちにとっては大イベントです。一方、親にとっては準備が大イベントだったりします。 う…

他人の子供に「ばばあ」「デブ」「ブス」と言われたら…叱る?叱らない?

他人の子供に「ばばあ」「バカ」「デブ」「ブス」的なことを言われたら、あなたならどうしますか?叱る?叱らない?笑ってごまかす?それとも無視する? 先日、長男のサッカーチームに帯同して試合に行ったときに、ある子供がわざわざわたしのところへやって…

【完結】アドラー心理学を子供たちとの関わりに生かす1週間チャレンジの記録

「嫌われる勇気」を読んで、わたしが特に変えていきたいと思ったのは子供たちとの関わり方でした。これはすぐにでも変えたい。そう思ったので、とりあえず1週間、失敗してもいいから続けてみることに決めました。多分くじけそうになると思うけど、1週間は絶…

ほめることへの違和感について考えてみた。

昨日こんな記事を書きました。 この記事の中で、アドラー心理学では「ほめてもいけないし、叱ってもいけない」という立場をとる、ということについて触れました。これについてのわたしの思いも。 実はわたし、これを読んでホッとしたんです。なぜか?子供た…

小6の長男と交換日記をはじめた。

思うところあって、小6の長男と交換日記をはじめました。これまでもサッカーノートとか手帳にメッセージを書き込むことはあったけれど、交換日記という形でメッセージをやりとりするのは初めてだと思う。 交換日記をはじめようと思った理由 交換日記をはじめ…

簡単だけど子供が喜ぶ運動会のお弁当〜今年のテーマは「つるつるパクッ!」〜

足が特別速いわけでもない。お祭り男で目立つタイプでもない。かといって、ダンスがキレッキレなわけでもない。主役になれるような秀でたものがあるわけじゃないけれど、毎年彼なりに楽しみながら一生懸命取り組んできた運動会。長男にとって小学校最後の運…

1週間分の献立をレシピサイトのURLコピペのみで作成するGoogleスプレッドシートが便利だったのでアレンジしてみた

食材管理と、日々の「今日なにつくろっかな」から解放されるため書き続けていた献立ノート。 ビーさん(@gambaruko)が投稿した写真 - 2016 5月 18 9:32午後 PDT こういうやつ。 会長になってからは忙しいのと、時間ができたら他のことがしたいのとで、だんだ…

子供の冒険は家で待っている親にとっても冒険なんだなと思った。

先日ひょんなことから子供たちの嘘が発覚しました。嘘をつくのはダメ!といくら言い聞かせても、まあ嘘はつくものだよなぁという認識はわたしにもありましたが…でも、まさかこんな嘘をつかれているとは思わなかった。 「兄弟とその友達4人で近所の森林公園に…

地元が好きって思えなくてもいいんだよ、と言いたい。

小学校で行われるPTA総会や懇談会、学校説明会などに出席する機会が多かった昨年度。先生方の話を聞いていると、「地域の方々に感謝」「地域との密接なつながり」「地元への愛着」というワードが頻繁に出てきました。 子供たちが通っている小学校では、地域…

世界は広いんだよと教えてあげるのが親の役目なのかもしれないと思った

先日、大きな山場でもあった大会を無事に終え、長男チームの保護者会会長就任後ようやくほっと一息つくことができました。代替わり直後に大きな大会運営を任されるという無茶ぶりに加えて、前年度までの資料がクソ使えないものばかり、前任者は「資料を見れ…

傍観者=加害者とはどうしても思えないのです

少し前にこんな記事を書きました。 この記事にいただいたブコメの中で印象的だったのがこちらです。 "危ない感じっていうのは見ていれば分かるから、そういうときは近寄らないようにしてる"と11歳の長男が言った - がんばる小学生長男くんの気持ちはすごくわ…

"危ない感じっていうのは見ていれば分かるから、そういうときは近寄らないようにしてる"と11歳の長男が言った

先日、長男チームの引率で1日中子供たちと行動を共にし、ひさしぶりに子供たちの世界を垣間見てきました。もうすぐ小6になる子供たちは、それぞれがちょっとずつ生意気になっていて、めんどくさくなってた。 よく「女の子は大変だよ〜」と女の子のお母さんか…

子供に「集中しなよ」というくせに自分は全然できていないのでベイビーステップ流座禅を始めてみた

ぺちゃくちゃおしゃべりしながら宿題をやったり、何かをしている途中にテレビの方に目がいって手元がおろそかになったり、いろんな場面で子供たちに対して「集中してやって」「集中しなよ」と言うことがあります。かなり頻繁に。 「集中する」 どんな意味合…

おこづかい制についてのQ&Aと今後の新しい取り組みについて

昨日、こんなことがありました。 今朝の話。ほしいものを買うためにお金貯めるんだーって夫が言うので、思い切ってぼんやり思っていたことを話してみたら、予想以上におもしろがってくれてうれしくなった。クラウドファンディングってあるでしょ。それを家庭…

おこづかい制を導入して7年目になりました〜長男4才・次男2才から始めたおこづかい制について〜

うちの子供たちはおこづかいをもらうようになって7年目のベテラン。 古いはてダのデータがどこにあるのか見つからなかったので、momentoに残してあるTwitterのアーカイブを確認してみたら、開始したのは2009年となっていました。 2009年というと、長男が4才…

格安スマホを子供に持たせよう計画 (1)〜格安スマホを子供用にカスタマイズする方法〜

(注) アンパンマンのスマホはおもちゃです 実はこの4月で今使っているiPhoneの2年縛りが解けます。それにともなってMNPで他社に乗り換えることを検討していたのですが、思い切ってずっと気になってた格安スマホにしようかなと考えています。 普段づかいのス…

【追記あり】NHKスペシャル「ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫る ニッポンの子育て~」を観た

わたしたち夫婦は、典型的AB型なわたしを広い心で受け止めてくれる夫のおかげで成り立っているのですが、そんなわたしたちにも夫婦の危機がありました。崖っぷちのところまでいったんじゃないでしょうか。 最大の危機は長男を出産して1年経とうという頃。母…

子供に「どうして今の仕事をしているの?」と聞かれたので真剣に考えてみた

「ママはどうして今の仕事をしてるの?」 突然子供に聞かれて、答えにつまってしまった。 仕事をしようと決めた当時のわたしは、「パートでもいいから外で働きたい」という切実な思いでいっぱいだった。お金をかせぎたいというのはもちろんだけど、それ以上…

光をあててくれた先生の話

長男は小さい頃から「おとなしい」「泣き虫」「おっとり」っていうラベルを貼られることが多い子供でした。 特に幼稚園に入ると、そのラベルの量はどんどん増えていきました。お母さんたち、先生たち、そしてお友達から、ペタペタと貼られていくラベルは、や…

学級通信を読んでプレッシャーを感じた話

次男のクラスで、冬休みに「昔の道具しらべ」という宿題がでた。 冬休みの宿題には、「おじいちゃんおばあちゃんと会う機会も多いでしょうから、昔の道具についてインタビューしてきてください。できない人は本やインターネットで調べてもいいです」っていう…

小学校での生い立ち授業や1/2成人式に思うこと (2)

ぶたもいいけど、そろそろ人間になりたいと思っている、とんははです。 今年のはじめに自分の生い立ちに関する記事を書きました。 gambaruko.hatenablog.com この記事を書いてみて、1つはっきりと自覚したのが、祖父が毒爺?毒じじい?だったということ。あ…

子供と一緒にニュースをみるなら「週刊ニュース深読み」がオススメ

ニュースはどこから仕入れてる? うちは新聞をとってない。以前はとっていたけど、大量のチラシと、読めないままたまっていく新聞の山に辟易してやめた。「読む」ニュースはもっぱらニュースアプリを利用している。偏りはもちろんあるだろうけど、新聞を読ん…