がんばるブラザーズ

中学生と小学生の家庭学習やサッカーの記録。

【家庭学習】家庭学習の方針について

f:id:gambaruko:20170102170313j:plain

あけましておめでとうございます。

2017年もどうぞよろしくおねがいします。

家庭学習についてはさまざまな考え方があると思いますが、わたしは小学生のうちに家庭学習の習慣を身につけておいたほうがいいと思う派です。

今回はそんな我が家の家庭学習の方針についてまとめてみようと思います。こういう風に考えて取り組んでいるお家もあるんだなという一例として読んでもらえたらうれしいです。

家庭学習に対する考え方

特に必要性を感じなければ別にやらなくてもいいと思います。子供が子供のタイミングで「勉強しなくちゃ」と思ったときにすればいいんだから。わたしは必要性を感じたから「小学生のうちに家庭学習の習慣を身につけておいたほうがいい」と考えて、試行錯誤を繰り返しながら取り組んできました。

わたしが必要性を感じた1番の理由は…お金です。教育にかかるお金をなるべく節約したいというのが大きな理由。自分で勉強する習慣が身についていれば、塾に通わなくても大丈夫なんじゃないか?と考えました。あとは、親の面倒を減らすため。「勉強が嫌い」「勉強したくない」子供に勉強させるのは至難の技だし、塾に通わせるとなればお金だけでなく送迎や食事の面倒が増える。だったら嫌いになる前に「勉強するのは当たり前」「ちゃちゃっと勉強済ませて好きなことする」っていう習慣が身についちゃえばいい。受験とか、将来のことを思ってというのではなく、完全に親の都合ですね(笑)

家庭学習の目標

  • 家庭学習の習慣を身につけること
  • 基礎学力を身につけること

先に書いたとおり、毎日コツコツ勉強する習慣を身につけるのが一番の目標。そして基本となる読み・書き・計算の力をきっちり身につけていくこと。この2つがうちの家庭学習の目標です。

家庭学習の方針

  • やりすぎない
  • なるべくお金をかけない
  • 1つのやり方にこだわらない

やりすぎない

中学受験をするわけでもないので、難しい参考書とか問題集に取り組む必要はないし、時間をうんとかける必要もない。目的は学習習慣を身につけることと基礎の徹底なので、教材はちゃちゃっと済ませられる簡単なものでよいと思っています。

実際に子供たちが使っている教材の一例

陰山先生の教材の中でも、この「たったこれだけプリント」は特におすすめ。

この教材は、これまで私が生みだしてきた教材をベースに、各学年・各科目で1年間に習うポイントを整理し、さまざまな使い方ができるように工夫して編集しました。

http://www.shogakukan.co.jp/pr/kageyama/

なるべくお金をかけない

これは考え方次第なんだけれど…例えば教材をじっくり吟味する時間と手間を考えれば月5000円前後の通信教材は安いし、その時間と手間を惜しまなければ全くお金をかけない方法もある。そのときどきの状況によって、なるべくお金をかけない方法を選ぶようにしています。

現在は市販教材を使っているけれど、進研ゼミ小学講座を受講している時期もあったし、長期の休みにはスタディサプリを使うこともある。無理をしない程度に、費用対効果を意識しながらお金を使うことを心がけてます。

1つのやり方にこだわらない

考え方は変わります。1つのやり方にこだわるのではなく、そのときどきの需要にあわせて柔軟に。そして「こりゃダメだ」と思ったらスパッとやめる潔さも大事(笑)

まとめ

長男が小1の頃からはじめた家庭学習。今のところ、その成果はバッチリあらわれているんじゃないかなぁと思います。一番の目標でもあった学習習慣は予想以上に身についているし、学力についても申し分ないと思います。お正月休みに自分から勉強するほど熱心ではないし、難関校に合格するレベルでもないですけど(笑)

想定外だったのは、「おれって勉強が得意…かも?」っていう自信がついたところ。本当に簡単なことしか取り組んでいないけれど、日々コツコツ積み上げてきた努力はどっしりとした基礎力につながっているみたいで。先生やクラスメイトからの評価で、だんだん自覚が芽生えてきたようです。

まあでも、今がゴールじゃないので。これからも必要があれば塾や通信教材も検討しながら取り組んでいけたらいいんじゃないかなと思います。

【少年サッカー】スポ少役員をやってみて分かったこと・大変だったこと

f:id:gambaruko:20161229121539j:plain

2016年がもうすぐ終わろうとしています。今年は良くも悪くもサッカー1色の毎日でした。こんなにがっつり子供やサッカーと向き合うことも、こんなにたくさんの人と関わることもなかったわたしにとっては、少々刺激が強すぎる1年だったなぁと思います。

任期はまだあと少し残っていますが、スポ少役員をやってみた感想と共に1年を振り返ってみようと思います。

スポ少役員をやってみて分かったこと

まずはポジティブな振り返りから。この1年で「スポ少役員をやってみて分かったこと」を挙げてみます。

  • 自分が思っている以上に人は人の話を聞いていない
  • 自分が思っている以上に人はメールやLINEの文を読まない
  • 「手伝うよ!」はほとんど嘘
  • 恩は売っても返ってこない

ぜんぜんポジティブじゃないじゃん!って声が聞こえてきそうですが…これらを身をもって知ることにより、(望んではいませんでしたが)今後さまざまな場面で生かすことができる教訓を得ました。そういう意味で、とても勉強になったなぁと思ってます。

自分が思っている以上に人は人の話を聞いていない

もうちょっと聞いてるもんだと思っていました。自分に関係のない話を聞かないのはわかるけれど、自分に関係のあることであっても 心が向かなければ人は人の話を聞かないもんなんだなと。

「誰かが聞いているだろう」「誰かに聞けばわかるだろう」「なんでわたしがこんなことしなくちゃいけないの」「誰かがやるだろう」

基本的にはこう考えている人がほとんどだということを学びました。

自分が思っている以上に人はメールやLINEの文を読まない

もうちょっと読むもんだと思っていました。「話を聞く」ことよりも、「文を読む」ことは自分のタイミングでできる作業ですから。でも読まない人がとても多い。

それから、読んではいるけれど「ざっとしか読んでいない」人も多いです。しかも、読まないだけでなく、読まずに質問してくる人も多い。

「こないだのメールに書いてあるよね?」「その連絡はこないだしたよね?」というと「あ、読んでませんでした」「そうでしたっけ?」とくる。紙もそうだけど、特にメールやLINEでの連絡はほとんど読まれていないと考えていた方がいいということを学びました。

「手伝うよ!」はほとんど嘘

わたしが会長を受けるとき、ほとんどの人が「手伝うからなんでも言ってね!」と言ってくれました。でも、その言葉どおりに受け止めて「◯◯をやってくれる?」と頼むと「え?それわたしの仕事じゃないよね?」と断られました。誰の仕事かあいまいなものは、ほとんどの人が断ります。

唯一こころよく受けてくれたのがどんなときだったか分かります?わたしが病気になったときです。そのときだけは、普段わたしの頼みを断ったり、嫌々引き受けたりする人たちが率先して動いてくれました。

というわけで「手伝うよ!」はほとんど嘘。真に受けないのが懸命だということを学びました。

恩は売っても返ってこない

誰かが辛そうなとき、大変そうなときに手助けしたとします。ここで助けておいたらいつか助けてもらえるんじゃないか?と期待して恩を売ったとしても、その恩はまず返ってきません。もともと友達ではない役員は、ただの役員仲間であって友達ではないしね。

もちろん苦しいことを乗り越えて仲間から友達に昇格する場合もあります。でも、基本的にはそんな淡い望みは捨てた方がいいということを学びました。

スポ少役員をやってみて大変だったこと

挙げればきりがありませんが、数ある苦労の中から「スポ少役員をやってみて大変だったこと」をいくつかピックアップしてみます。

  • 人間関係
  • 理解しがたいローカルルール
  • 経済的・体力的負担が大きい
  • 過去の資料がわかりにくい

人間関係

役員の中にはなるべくなら関わりたくないような苦手な人もいます。とはいえ、仕事をしていくうえでは、そういう人たちとも関わっていかなければならない。わたしは会長という立場なので仕事をふることが多いのですが、苦手な人に仕事を頼むのも面倒なのに、ミスがあれば指摘しなくちゃいけないし、直してもらわなきゃいけない。これが本当に苦痛でした。

理解しがたいローカルルール

これが一番きつかった!特にお金に関わる部分の考え方、処理の方法があまりにもずさんで…。疑問に思う部分はその都度指摘してきたけれど、「これが今までどおりのやり方です」「これがこのチームのやり方です」と言われてしまえば、それ以上はなすすべがなく。こんなこと外の世界じゃ通用しないよっていうことがありすぎて、その中で会長として切り盛りしていくのがとてもつらかったです。

経済的・体力的負担が大きい

遠征にはチームの代表として必ず参加しなくてはならないので、宿泊費や交通費などでかなり出費がかさみました。特に補助もないので全部自腹です。諭吉さんがどんどん飛んで行きました。

また、平日仕事、土日サッカーという生活は体力的にも負担が大きく、かなり疲労がたまります。疲れていると家事もおろそかになるし、ご飯を作る気力がなくなって外食やできあいのものを買ってくる機会が増え、結果的に出費も増える。そういう食事が続くと体調もすぐれなくなるので、一番忙しかった夏から秋にかけては本当につらかった。

過去の資料がわかりにくい

前年度までの資料がわかりにくすぎて全く参考にならなかったので、今年度はたくさんの資料を作り直すことになりました。なぜそんなにわかりにくかったかというと、10年くらい前の資料を作り直さないまま、上から書き加えたり、消したりして引き継いできたからです。とにかくごちゃごちゃしていて、どれが最新の情報なのかよくわからない状態でした。

よくわからない資料をもとに作業をすすめろと言われたり、資料に書いてあるからそれを読めと言われたり…「その資料がクソなんじゃないかー!」と叫び出したい衝動を抑えるのがとても大変でした。

1年前の自分に言いたいこと

役員の中でも会長ではなく他の役であればもう少し楽だと思うし、会長であっても「適当な組織なんだったらわたしも適当にやろう」って思えるタイプの人なら、ここに挙げたいくつかの困難についてもサラリとかわせるかもしれません。

でも残念ながらわたしはそういうタイプではないし、順応性も高くない。そんなわたしが1年前の自分に言いたいのは…

「期待はするな」

「資料はかさばっても紙で作れ」

「担当制にしろ」

この3つ。

期待はするな

文字どおり、期待はしないほうがいい。いい意味で期待がはずれたほうが嬉しさは100倍。

資料はかさばっても紙で作れ

資料をメールやLINEで送るとほぼスルーされる。紙で作って渡せば「ファイリングする」のが前提になるし、渡したのに読んでいなかったり、失くしたりすれば、悪いのはその人ってことになる。だから資料は必ず紙で作ること!

イベントは担当制にしろ

役員に当事者意識を持たせるために、年間の主要なイベントについては各2〜3名ずつ担当者をつけてわりふってしまったほうがいい。「みんなでやりましょ〜」っていうのは一見よさそうなやり方にみえるけれど、みんなが無責任になる可能性が高いってことを忘れてはいけないよ!

まとめ

こうして振り返ってみると、かなりストレスの多い1年だったなぁと思います。ここに挙げた3つのことを肝に銘じていれば、性格的にリーダー向きではないわたしでも、もう少し楽にやれたかもしれません。

とはいえ、もう2度と!保護者会系の会長は受けません!受けるなら書記のみ!この決意をもてたことが一番大きな収穫だったかも(笑)

【少年サッカー】コーチに対する不満で頭がいっぱいになっているお母さんの話。

先日チームのお母さんから散々愚痴を聞かされ、モヤっとしてしまったのでここで吐き出してみる。

※ フェイクあり

概要

もともとそのお母さんは、自分の子供(Dくん)に対するコーチの指導に不満を持っていた。とはいえ、それをコーチに伝えるようなモンスターなお母さんではなく、Dくんを励ましながら見守るスタンスを保っている人という印象だった。

ある試合でDくんがいつもとは違うポジションでプレーしていたときのこと。ボールをもったDくんが相手に囲まれながら無理に突破を試みて失敗。ボールを奪われただけでなくそのまま失点してしまった場面で、コーチがDくんに対して「もっと周りをみて、視野を広くもって」「そういうときは◯◯に戻して組み立て直してごらん」と声をかけた。

Dくんはそれを無視して指示に従わず、同じようなプレーを何回か続けたところで、コーチが激怒してDくんを下げ「話が聞けないなら試合に出なくていい!帰れ!」「◯◯のプレーをみろ!お前は◯◯みたいなプレーができてないだろ!」と怒鳴った。

ベンチに下がってからも、コーチはDくんに長い時間話をしていて、

  • コーチの話を聞きなさい

  • 無理に前に前にいくのではなく後ろや斜め後ろにボールを戻すという選択肢がある

その話の内容は主にこの2点がポイントだったようだ。Dくんは話の途中から泣きだしてしまい、ちょっとした騒動となったため、Dくんの両親は試合が終わったあと、コーチから一連の経緯について説明と謝罪*1を受けた。

Dくんのお母さんの思い

  1. いつもやっているポジションではないところでのプレーに対して、そこまでキツく言わなくていいんじゃないか

  2. いつもそのポジションをやっている◯◯くんと比べられたらかわいそうだ

  3. 前にいくことの何が悪いんだ

  4. コーチがDの成長を邪魔ばかりするから上達しない

わたしの感想

途中まではうんうん頷きながら聞いていたんだけれど…だんだん「うーん」に変わってしまった。

1と2については確かにそのとおりだと思う。そのポジションの役割や動き方が理解できていなければうまくいくはずない。でもそれはDくんが悪いわけではなく、これから経験とともに学んで身に付けていけばいいことだし、たとえDくんが自分の指示どおりに動かず、アドバイスに耳を傾けなかったとしても、大人であるコーチが感情的になって怒鳴り散らしてしまうのはいかがなものかと思う。それに加えて、できないことを他の選手をひきあいにだしてコメントするなんていうのは、まさに百害あって一利なしだ。言われたほうのDくんはプライドが傷つくし、ひきあいにだされるほうも居心地が悪くなる。聞いている周りの選手の中には「Dは◯◯より下手だ」と受け取る子もいるかもしれない。ベンチに下がってからの話の長さも含めて、コーチのやり方はまずかったとわたしも思う。

ただ、それと3、4は全く別の問題。彼がこの日やっていたのはボランチだったので、ボールを奪われてしまえば即ピンチになってしまう。しかも彼のプレーが起因となって失点もしている。コーチの「 無理に前に前にいくのではなく後ろや斜め後ろにボールを戻すという選択肢がある」というアドバイスに耳を傾けず、そのあとも何度も何度も同じことを繰り返したDくんは、下げられても当然かなと思うし、注意を受けてもしかたがないかなと。

ところがDくんのお母さんは、コーチへの不満が爆発してしまったのか「Dは悪くない」「Dのやっていることは間違っていない」「せっかくスクールに通ってもコーチの指導で台無しになる」と言う。

心情的には「ムカつく奴に自分の子供を悪く言われて超ムカつく!」っていうの、よくわかるんだけれども。わたしは、コーチの性格や指導方法、選択しているチーム戦術についての不満があることと、そのコーチに指摘された子供の課題については分けて考えないといけないと思っていて。そこをごっちゃにしてしまうと誰のためにもならないし、話がややこしくなってしまうんじゃないかと。

今回のコーチのやり方は確かにまずかったけれど、アドバイスの中身に関しては筋が通っていたと思う。もし抗議するのであれば、「コーチの伝え方」の部分にポイントを絞るべきだろうし、指導内容や戦術に不満があるならば残念だけど別のチームを探すほうがいいんじゃないかと思った。

おわりに

実際わたしがDくんのお母さんに言えたのは、「すごく気持ちわかる。ただ、コーチのやり方のまずさと、自分ちの子の課題は分けて考えたほうがいいかも」ってところまで。その時点でものすごく不服そうだったので(あたりまえだけど)それ以上は何も言わずに話を聞きつづけた。その結果わたしがモヤモヤしてしまった。

はぁ、スッキリした!

*1:泣かせてしまった指導についての謝罪だったそう

【絵本レビュー】「かあさんをまつふゆ」ジャクリーン・ウッドソン/E.B.ルイス/さくまゆみこ/光村教育図書

かあさんをまつふゆ

図書館で本を探すとき、そのほとんどは棚差しなので背表紙からの情報が「手に取るかどうか」の決め手となる。背表紙を見るときにわたしが気にしているポイントは以下の3つ!

  • タイトル名
  • 作者
  • 装丁

今回は3つ目の「装丁」が気になって手に取った「かあさんをまつふゆ」を紹介しようと思う。

⇒高学年の読み聞かせにおすすめの絵本をお探しの方はこちら

印象的な少女の横顔に惹かれた

背表紙から得られる情報は少ないようでとても多い。タイトル、作者名、出版社名…そして装丁。

「かあさんをまつふゆ」を手に取った理由は、表紙にもなっている少女の印象的な表情が、背表紙にもちらりと描かれていたから。これがなかったら、手に取ろうと思わなかったかもしれない。棚から取り出したときの気持ちは「あたりだ!」だった。表紙の絵の美しさとすっきりとしたデザインをみて、きっといい本だと思った。根拠は…ない(笑)

ストーリーはしみじみとあたたかい

「ねえ、エイダ・ルース、シカゴでは、こくじんの 女でも やとってくれるんですって。せんそうが あって、男たちが みんな たたかいに出ていってしまったからよ」

お母さんが遠くシカゴまで働きに行くことになり、主人公の少女エイダ・ルースはおばあちゃんと2人で留守番をすることになった。

おばあちゃんから「なんどもてがみを出してごらん」と言われて、せっせと手紙を書くエイダ・ルース。迷い込んできた子猫をかわいがり、その温もりに心をよせていくエイダ・ルースに、おばあちゃんは「ネコなんか かえないんだよ」といいつつ家の中にいれミルクを与える。外は雪が降り積もり、寒さとひもじさの中、ひたすらお母さんの帰りを待つ。

そんなある日、郵便屋さんがうれしいうれしい手紙を届けてくれた。

少女の心情を表すような光の陰影がとても美しい

人種差別や戦争、そして降り積もる雪に閉ざされていく閉塞感があいまって、全体的には重たいお話ではあるけれど。E.B.ルイスの美しい絵がすべてをあたたかく、でもひとつもごまかさずに包み込む。わたしは絵に詳しいわけじゃないけれど、エイダ・ルースの心をうつしだすような光の陰影に、E.B.ルイスのやさしいまなざしを感じる。

特に、お母さんからの手紙を受け取ったときのエイダ・ルースとおばあちゃんの笑顔がとてもいい。

おわりに

今のようにLINEやメール、ビデオ通話のようなものがない時代。いつ帰ってくるのか、元気にしているのかさえわからないお母さん(おそらくお父さんのことも)を待つ子供の気持ちを思うと、胸がつまる。と同時に、そんな親子関係であること、厳しくもやさしいおばあちゃんがそばにいることに羨ましさもある。

「エイダ・ルース、せかいじゅうの なによりも あんたが 大すき。わかってる?」

「うん。雨よりも 大すきなんでしょ」わたしは つぶやいた。

「雨よりも ゆきよりも 大すきよ」かあさんが ささやいた。

いいなぁ。こういうやりとりができて。もし、子供たちがまだ小さかったら、こんな風に決まったやりとりをとおして「大切だよ」「大好きだよ」って伝えたかったなと思う。

「高学年の読み聞かせガイド」というサイトを作りました

以前からこのブログでもちょいちょい読み聞かせ関連の記事を書いてきました。

小学校高学年の子どもにおすすめしたい本50冊 〜わたしが読んでいた本、読んでほしい本〜 - がんばる小学生

絵本で振り返る4年間〜子どもたちに読み聞かせてきた絵本50冊〜 - がんばる小学生

小学校高学年の読み聞かせにおすすめしたい10分以内で読める絵本30冊 - がんばる小学生

ただこのブログは絵本ブログではないし、読み聞かせブログでもないので、いつか1つにまとめたいなぁと思っていて。

で、思い立って作ったのがこちらのサイトです。

http://xn–u8j6a2gy32qzgdno1e0cp8p4a.com/

その名のとおり、高学年の読み聞かせで迷ったとき、本選びで困ったときに、思い出して読んでもらえるようなサイトにできたらいいなと思っています。

今回生まれてはじめてドメインとって、生まれてはじめてWordpressを使ってサイトをつくりました。楽だねぇ!!!びっくりしました。

とはいえ、とりあえず記事をまとめるのを優先したので、デザインはほぼ手をつけていないままです。これからゆっくりやっていこうと思います。

まだ少しだけ準備中の記事(読み聞かせレポート)がありますが、とりあえずメインコンテンツが出来上がったのでお知らせしました。

お時間のあるときにふらりと立ち寄っていただけるとうれしいです。

「べっぴんさん」のお母さんのような、子供の夢を「ええなぁ」と言えるお母さんになりたい

オープニングには若干違和感があるけれど、今週から始まった「べっぴんさん」にはここ数日泣かされてばかりいる。

特に菅野美穂さん演じるお母さんの、子供たちへのまなざしがたまらない。

あんなに上品で優しい女性にはなれないけれど、これだけは真似したいと思ったことがある。

それは、子供のやりたいことや夢を聞いて、「ええなぁ」と言うこと。そして「きっとできるよ」と言うこと。

ただ言うだけじゃなくて、心からそう思って伝えられるお母さんでいたいなと思う。

NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上

NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上